新卒3年以内の離職率は30%超え!
早期退職をするメリットとは

「10人に3人以上は、新卒入社で入った会社を3年以内に辞める」
こんなデータがあります。

新卒で入った会社を辞めようかどうか悩んでいる方は、
3人に1人以上が辞めているなら、自分も辞めて大丈夫かな…
でも、そんなに早く辞めて、ちゃんと転職先は見つかるの?

と疑問をお持ちかもしれません。

たしかに、
この数字につられて自分も辞めたけど再就職ができなかった…
なんてことになったらイヤですよね。

ですが最近では、「第二新卒(新卒3年以内に1社目を辞めた人のこと)」という言葉も出てきて、3年以内に退職した人材を欲しがる会社も増えてきています。

場合によっては、5年間働いてから転職するよりも、第二新卒として転職した方が内定をもらいやすい(ハードルが低い)なんてこともあるんですよ。

ほかにも、早期退職にはメリットがたくさんあります。 ここでは、そのメリットについてご紹介します。

早期退職をした後、転職活動を成功させる方法もお伝えしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

新卒の3年離職率30%にも納得!
早期退職のメリット

新卒の3年離職率30%にも納得!早期退職のメリット

  • 新しい仕事を早くに始められる
  • 合わない会社にいてしんどい思いをする時間が短い
  • 傷が浅いうちに次に移れるので回復が早い
  • 第二新卒枠で転職できる

これらは、早期退職(新卒入社から3年以内の離職)をするメリットです。
詳しく見ていきましょう。

新しい仕事を早くに始められる

当然と言えば当然ですが、今の仕事をさっさと辞めた分、次の仕事のスタートが早くなります。
たとえ同じ業界であっても、会社が違えば方法や文化も変わるもの。
次の環境にいち早くなじんだ方が成果も出やすいですし、いいこと尽くしです。

今の仕事をだらだらとやっていても、新しいスタートが遅れるだけ。
ただでさえ中途採用で新卒から働いている人に後れをとっているのに、これ以上遅らせる理由がありません。

早期退職には、次の仕事へのスタートダッシュが早くなるという大きなメリットがあるんです。

合わない会社にいて
しんどい思いをする時間が短い

合わないなあ、楽しくないなあ、と思いながら、1日8時間以上も会社にいるのはとてもしんどいこと。
心身ともに、疲れてしまいますよね。

1週間で40時間以上、1か月で160時間以上…
これを何年も続けていれば、だんだんと人生そのものまで楽しくなくなってしまうかもしれません。

何となく雰囲気が合わない方、上司からのキツイ叱責に耐えている方、とにかく会社がつまらない方。

そんな辛い思いをしてまで、今の会社を続けることはありません◎

心がずーんと重くなるまえに、転職しちゃいましょう!
嫌な思い・辛い思いをわざわざするよりも、自分らしく働ける会社に転職する。

その方が、きっとこれからの人生も楽しくなりますよ。

新卒後3年と言えば、若くて何でもできるとき。

独身で仕事に没頭したり、何か趣味を見つけたり。

そんないい時を棒に振るのは本当にもったいないです。

人生に、棒に振っていい時間なんてないですよね。
早く辞めて、自分らしく働ける会社に就職しましょう♪

傷が浅いうちに次に移れるので回復が早い

もしも今、上司や先輩からのパワハラや同僚からの嫌がらせを受けている人や、仕事に身が入らなくて結果もイマイチ…という人がいらっしゃったら。

そんな方こそ、早期退職した方がいいです。

なぜなら、これ以上今の会社にいたらどんどん傷が深くなっていくから。 「もうだめだ、辞めよう」と思っても、そこから転職活動を始める気力がなくなってしまいます。

心のダメージ回復には、時間が要るもの。 傷が浅いうちに辞めた方が、転職活動も頑張れますし、早くいい会社に出逢えますよ。

今の会社で深い傷ができてしまう前に、次に移りましょう!

第二新卒枠で転職できる

冒頭でも少しお話しましたが、第二新卒枠で転職できるのは大きな強みになります。
第二新卒では、

  • 仕事の業績やスキルよりもポテンシャル
  • 何をやったか、よりも何ができるか
  • 学生時代を含めた過去の経験

から採用するかどうかを判断してもらえるんです。

社会人歴が長くなれば長くなるほど「今までに“仕事で”どんな実績を残してきたか」を問われます。

原則、ポテンシャルややる気、学生時代の出来事は判断材料になりません。

今すぐに利益を出せる人・すでに実績を上げていて自社でそれを活かせる人が採用されるので、今の会社でよほどの実績を作らない限り、どんどん転職が厳しくなってしまうんです。

だからこそ、第二新卒で「これから」を評価してもらえるうちに、早期退職して転職するのがおすすめです。

早期退職のメリットを活かして再就職を早く決める方法

早期退職のメリットを活かして再就職を早く決める方法

ここまで、早期退職のメリットをご紹介してきました。

新卒入社した人の30%が辞めるのも納得… と思われた方も多いのではないでしょうか。

ただ、その一方で 「それだけの人が辞めるってことは第二新卒枠で転職するライバルも多いんじゃないの?」
と、いう勘のいい方もいらっしゃるかもしれません。

実はその通りで、第二新卒の転職活動というのは、分母が多いと言われています。

そんな中、どうやってライバルを出し抜くのかが大切になりますね。

  • 企業研究をしっかりやる
  • 資格を取る
  • 自分で練習して面接を極める…

など、色んな方法が浮かびますが、実際に何をすれば身になるのか、分からない方も多いかもしれません。

当サイトでは、「第二新卒の転職」について、どんな対策をすれば成功するのかを紹介しています。
以下からご覧いただけますので、ぜひチェックしてみてくださいね。