第二新卒者は必見!
職務経歴書を魅力的に仕上げる
3つのポイント

第二新卒者、つまり新卒入社から3年以内に退職した方は、転職活動の際
職務経歴書に書くことがない…
早くに辞めたから実績もほぼない…

とお困りかもしれません。

たしかに、自分がこれまでにやってきた仕事内容や、そこでの実績・功績をアピールする職務経歴書は、第二新卒ではあまり書くことがありませんよね。

こんなことならもう少し前の会社でガマンすべきだった…と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、実は3つのポイントを押さえるだけで、誰でも職務経歴書を魅力的に仕上げることができるんです!

職歴や実績が少なくても、大丈夫。
この記事を読んで、ぜひ実践してみてくださいね。

職務経歴書を魅力的に仕上げる
3つのポイント

職務経歴書を魅力的に仕上げる3つのポイント

  • 【工夫した点】を書けるフォーマットを選ぶ
  • 学生時代のアルバイトも記入する
  • 応募先企業の求める人材像に内容を合わせる

この3つが、職務経歴書を魅力的に仕上げるポイントです。
詳しく見ていきましょう!

ポイント①【工夫した点】を書けるフォーマットを選ぶ

第二新卒の弱みは、正社員としての職歴や実績がほとんどないこと。案件やプロジェクトの規模、数字などではアピールできません。

ですが、そこで自分がどんなふうに考え、工夫をし、仕事に向き合ったのかを伝えることはできます。

ただ会社名と携わったプロジェクト、売上数字を書くだけの職務経歴書を選ぶのではなく、【その仕事で工夫した点】が書けるものを選びましょう。

文房具店や書店で思うようなフォーマットが見つからなければ、自分で作ってもOK
ワードやエクセルで自分の書きやすい表を作り、活用するといいですよ。

企業が第二新卒者に対して知りたいと思っているのは、過去の実績よりも

  • 仕事への向き合い方
  • これまでの経験をどう活かそうと考えているか
  • 人柄・人となり

です。

たとえば、サービス業を半年で辞めたとしても、【その仕事で工夫した点】に

“お客様が本当に望んでいるものをご提供するため、一人ひとりに時間をかけてヒアリングをし、深層心理で欲しているものを知るように心がけた”

“どんな質問をされてもお待たせすることなく答えられるよう、商品の勉強を欠かさなかった”
などを書くことができます。

ただ、
“2014年4月 ○○会社△△店配属
 2014年10月 〇○会社 退職 ”
と書くよりも、印象が全然違うことにお気づきだと思います。

このように、自分の仕事に対する姿勢や、前職で少しでも頑張れたことをアピールするため、【その仕事で工夫した点】という項目を必ず入れるようにしましょう!

ポイント②学生時代のアルバイトも記入する

意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、アルバイトも立派な職歴になります。

たとえ短期でも、書いてはダメという決まりはありません。

アルバイトを通して学んだことや、そこでの活躍を書きましょう。
これも、先ほどお伝えした通り、【その仕事で工夫した点】でアピールができます。

  • 学生ながら、アルバイトに責任をもって取り組んだこと
  • 後輩指導係を任され、試行錯誤しながらも育てていたこと
  • お客様のために働く喜びを知ったこと
  • アルバイト経験があるからこそ、志望先の会社に魅力を感じていること

など、どんなことでも構いません。

採用担当者が「学生のうちにこんな経験をしたんだな」「一緒に働いてみたいな」と思うような内容を、書いていきましょう。

アルバイトも、立派な仕事。

量が多い方は全てを書く必要はありません。
なかでもぜひ知ってほしいと思う仕事をピックアップして、記入しましょう。

ポイント③応募先企業の求める人材像に内容を合わせる

職務経歴書の【その仕事で工夫した点】や【自己PR】の欄でぜひ意識をしてほしいのが、応募先企業の求める人物像に内容を合わせることです。

もちろんウソをついてはいけませんが、表現を寄せていくのは工夫のうち。

チャレンジ精神が旺盛な人が求められているのか、何事も冷静に判断する人が欲されているのか。
細やかな作業を得意とした人がいいのか、思い切りをもって行動できる人がいいのか。

企業ホームページなどでしっかりそれを見極めて、自分のこれまでの経験をどう当てはめたら興味を持ってもらえるのかを考えるといいですよ◎

この会社に入ったら自分はこんなふうに活躍できる!
というイメージを伝えるのも、とても効果的です。

職務経歴書を味方につけて、再就職を成功させる

職務経歴書を味方につけて、再就職を成功させる

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

第二新卒者が、職務経歴書を魅力的に仕上げる3つのポイントをお伝えしてきました。

職務経歴書に書くことがなくて困っている
どうやったら自分の魅力を伝えられるんだろう

という方の、お役に立てられれば幸いです。

第二新卒だと、職歴や実績が少ないので、職務経歴書を書くのが厄介に思えてしまうこともあるかもしれません。

ですが、職務経歴書は、ただ職歴を書くのではなく、

  • 仕事に対する姿勢
  • 仕事で学んだこと
  • これからどう活かしていくか

をアピールできる場でもあります。

あまり構えすぎず、自分の魅力を伝えられる場だと思って書いてくださいね◎

お伝えしたポイントを押さえて作成すれば、同じ第二新卒者から頭一つ抜きんでて、再就職の内定をもらいやすくなるかもしれません。

あなたの転職活動がうまくいくことを、祈っています!

当サイトでは、他にも第二新卒の方が転職に成功するためのヒントを載せています。
ぜひチェックしてみてくださいね。