第二新卒での転職活動を成功させる!押さえるべき3つのポイントとは

第二新卒での転職活動を成功させる!
押さえるべき3つのポイントとは

大学新卒で就職したものの、

  • なんだか自分にはこの会社合わないかも
  • もっと活躍できるところがあるんじゃないか
  • 路線変更するなら早い方がいいのかな

という方は、第二新卒での転職活動を検討されているかもしれません。

第二新卒とは「新卒で入社した会社を3年以内に辞めた社会人」を指す言葉。
一つの企業には染まりきっていないものの、基本的なビジネスマナーや仕事をする心得は備わっているので、多くの企業が採用に力を入れている層です。

でも、「とりあえず3年とも言うし、すぐに会社を辞めたっていうことがマイナスに響くんじゃないか」と心配になりますよね。

実は、3つのポイントを押さえるだけで、第二新卒での転職活動はぐんと成功に近づくんです!
ここでは、そのポイントを分かりやすく紹介していきます。

ぜひ最後までお付き合いくださいね。

第二新卒の転職活動に必要な
3つのポイント

第二新卒の転職活動に必要な3つのポイント

  • 自分の長所や特性を正しく理解すること
  • 前職を辞めた理由に筋が通っていること
  • これからどんな活躍ができるかが分かること

上記は、第二新卒の転職活動で押さえるべき、3つのポイントです。
これらのポイントがしっかりクリアできれば、転職活動がスムーズに進んでいきますよ◎

一つずつ、見ていきましょう。

自分の長所や特性を正しく
理解すること

これは、新卒の就活でも大切なことなので、すでにたくさん考えた方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、第二新卒となった今は、もう一歩踏み込んで考えることが重要です。

実際に社会人を経験してみて、「自分って意外と○○なんだな」と気づいたことはありませんか。

例えば、
「営業は販売のように大勢の人とコミュニケーションを取るのが得意だと思っていたけど、仕事ではデスクワークでコツコツする作業の方が成果を出せた」

「アイデアをどんどん出す企画職にあこがれていたけど、それよりも実際にお客様対応をする方にやりがいを感じた」 など、仕事では普段の自分とギャップがあったという方も少なくないと思います。

もちろん、自分が思い描いていた適性と同じだという方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、本当にそうなのか、もう一度振り返ってみることをおすすめします。

プライベートの性格と、仕事の適性は変わることが多いんです。

自分の中にあるギャップに気づくなんで、難しすぎる…
考えてみたけど、これで合っているのか不安

という方は、転職エージェントを使うのがおすすめ。

転職エージェントとは、アドバイザー(カウンセラーというところも)とのカウンセリング(面談)を通して自分の適性や向いていることを見つけ、それに合った仕事を紹介してもらうところ。

給与や休み、勤務地などの条件も伝えることができます。

面接練習など、内定を取るために必様な対策もしてくれるエージェントもあるので、ぜひ活用してみてくださいね。
基本的に、利用料はかかりません。

どんなエージェントを使えばいいの?という方は、第二新卒にオススメの転職サイト・エージェントをチェックしてみてくださいね。

前職を辞めた理由に
筋が通っていること

新卒で入社した社員の3年以内の離職率は、約30%。
100人入社したら30人は3年以内に辞めています。

3年以内で仕事を辞めるのは早いんじゃないか…
と心配していた方も、この数字を見て少しほっとされたかもしれません。

世間的にも、第二新卒の存在は徐々に認められつつあります。
ですが、それは同時に第二新卒で転職活動をするライバルが増えていることも意味します。

その中で、勝ち抜くには他の人から一歩リードしなければいけません。
その点で分かりやすいのが、「前職を辞めた理由」です。

第二新卒が一般的になったとはいえ、企業側は

  • 忍耐力のない人
  • 責任転嫁する人
  • 向上心のない人

をわざわざ雇おうとは思いません。

もしも前職を辞めた理由を訊かれて
「課長がぜんぜん指導してくれなくて、仕事がおもしろくなかったから」
「まだ新人だからミスはするのものなのに、怒られたから」
「覚えることが多くて、しんどかったから」

このような回答をしてしまったら、それは悪印象でしかないんです。

「きっとうちの会社に来ても、誰かがやってくれるだろうと受け身のまま自分から学ぼうとはせず、他人のせいにして逃げるんだろうな」と思われてしまいます。

そうならないためには、前職を辞めた理由に筋を通すことが大切。

  • 1年間働いてみて、この仕事を専門的に極めたくなった
  • 前の会社に不満はなかったけれど、もっと難しいことに挑戦したいと思った

など、採用担当者が「それならうちで頑張ってもらおうか」と思えるような理由であることが大切です。

もちろんウソはいけませんが、自分が新卒で入った会社を辞めたい理由をはっきりさせると同時に、どんな魅せ方をすればいいのかも考えなければならないんです。

これからどんな活躍ができるか
が分かること

3年以内に辞めているので、正直社会人としての実績には、採用担当者も期待していません。

その代わり、これからどんな活躍に期待ができるのか、を見ています。

「前職の接客業で学んだお客様目線を大切にして、消費者に寄り添ったサービスを考えます」
「ずっと文章を書いてきたので、そのスキルには自信があります。」
「顧客のデータ分析が得意なので、未着手だった分野の開拓をお手伝いしたいです」

など、どんなことができるのか、それによって利益がどう生まれるのかを伝えましょう。

ただ「頑張ります」「自分が成長したいです」「楽しく働きたいです」では、会社にとってのメリットがありません。

自分を雇うとこんないいことがあるよ、とアピールすることが大事なんです◎

3つのポイントを一人でクリアするのは難しい…そんなときは

3つのポイントを一人でクリアするのは難しい…そんなときは

第二新卒の転職活動を成功に近づけるための、3つのポイントをご紹介してきましたが、いかがでしょうか。

新卒のときとは違った角度で自分を見つめ直す必要があり、ちょっと難しいな…と感じた方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、自分の長所や特性を正しく理解したり、退職理由を魅力的にしたり、これから活躍できることをアピールするのは楽なことではありません。

第三者の目線も必要なので、一人で悶々と考えていてもすぐに行き詰ってしまいそうですよね。

ですが、この3つのポイントを簡単にクリアできる方法があるんです!

それは、1つ目のポイントで少し触れた通り、転職エージェントを使うこと。

サービスはすべて無料で利用でき、なかには面接対策をしっかりしてくれたり、退職理由志望動機を一緒に磨いてくれたりするエージェントもあるんですよ◎

一人で転職活動を進めるよりも、プロにフォローしてもらった方が自分に合った会社に出逢えますし、内定率も上がります!

どんなエージェントがあるんだろう…?
どのエージェントを使えばいいの?
まだよくイメージができないな…

という方は、転職エージェントを使って、就職活動を成功させましょう!

あなたに合った会社に出逢えることを、願っています!